オーリスタットはゼニカルの成分です

メジャーでお腹を計る女性

揚げ物や焼き肉、ケーキなど脂っこい食べ物が好きで、ダイエットに失敗しがちという人の間で話題になっているのがゼニカルと言う薬です。
ゼニカルの効果は、ゼニカルに含まれているオーリスタットが体に脂肪分の一部が吸収されなくなる効果があるため、食事に含まれる脂肪の一部が体から排出され、ダイエットに効果があることで注目されました。

アメリカでは、重度の肥満が社会問題になっており、肥満治療薬として正式認可され、治療に使用されているのがオーリスタットと言う成分が入っているゼニカルです。
食事をして脂肪分が体内に入るとリパーゼと言う酵素によって脂肪分が分解され、体に吸収されます。
オーリスタットには、脂肪を分解するリパーゼの働きを抑制することがあるので、食事に含まれている脂肪の一部が分解されずに体外に排出されてしまうため、脂肪分が吸収されにくくなるという仕組みです。

オーリスタットを含むゼニカルを服用することで、リパーゼの働きが阻害されるので、脂肪分を細かく分解することができません。
体内に入った脂肪分の一部がそのまま体外に排出され、食べた量に比べて脂肪が付きにくくなるというわけです。
ゼニカルを服用することによって、食事の中に含まれる脂肪分の約30%カットができるとされているため、効果的にダイエットをすることができるということになります。

ゼニカルは、副作用が少なく安全性の高い肥満治療薬ですが、脂肪分をそのまま体外に排出するため、下痢をしやすくなるという副作用があります。
特に飲み始めの時や脂肪分の多い食事をしたときには、下痢をしやすくなり、おならと一緒に便が漏れてしまったりすることがあるので、ナプキンを使うなどして対策をすることがおすすめです。
ナプキンとともに、替えの下着を用意しておくとより安心です。
ビタミンも一緒に体外に排出されてしまうことがあるので、マルチビタミンなどでビタミンを補給することも大切なポイントになります。

脂肪分を体に吸収させないようにする方法

ゼニカルは、脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを阻害し、食事の中に含まれる脂肪分の約30%カットをすることができる肥満治療薬です。
リパーゼが脂肪分を分解できなかった分の脂肪は、そのまま体外に排出されます。
揚げ物やラーメンなどの脂っこい食事を食べる前にゼニカルを飲むことで、脂肪分を体に吸収させにくくすることができます。
脂肪分が体に吸収されずに体外に排出されるので、大幅に摂取カロリーを下げることができるので、そのままの食事でもダイエット効果があるのです。

ゼニカルを飲んでおけば、食べ過ぎても大丈夫というわけではありません。
ゼニカルがカットしてくれるのは、食事の中の脂肪分だけなので、炭水化物などほかのカロリーが多い食事をしている場合には、カロリーを大幅にカットする効果はあまり期待できません。
また、ダイエット食など脂肪分とカロリーが少ない食事をしている場合にも、カットされるカロリーが少ないため、ダイエット効果は低くなります。

ゼニカルを飲んでダイエットをするときには、ゼニカルに頼りすぎて帰って太ってしまうことが無いようにすることが大切です。
脂っこい食べ物を食べたくなった時やイベントの時などに利用しながら、普段はバランスが良く低カロリーの食事をしたり、筋肉量を維持し、代謝を上げるための運動をしたりするようにしましょう。
普段の食事のまま、体重を減らしたいという人にも向いています。
ゼニカルを飲んですぐに大幅な減量ができる、というわけではありませんが、毎日の食事でとる脂肪分の30%カットができるため、少しずつ体重を減らすことが期待できます。
下痢とビタミン不足に気を付けることで、安心して続けることができるダイエット法です。